節約はじめの一歩を踏み出す

H13.8.28作成

「はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざり」  
と詠ったのは石川啄木。けれど、その気持ち分かるワ〜
だってホントにお金がなかったんだもん。
通帳の残高を見たときは目がテン…というよりは
ハハハッ、目の前に漬もの石が落ちてきた気がした。



シャレにならないとはまさにこのこと。
「何とかしなくちゃ」
そう思って家計の見直しをはじめた。
私は決して節約上手ではないし
まして自分自身にかけるお金を惜しむのは好きじゃない。

「お金は貯めたーい、でも使いたーい」
二兎を追うもの二兎とも得たい。


大切なのはライフプラン。
自分の頭の中にあった漠然とした考えを整理するために
お金の年間予定表を作成した。
文章にしたことで今まで漠然としていたものが一気に具体化した。
正直、それまでは自分の年収はいくらあって、必要経費はいくらか
かる…なんて考えたこともなかった。

「年間100万円の貯金をする」
具体的な目標金額(ゴール)を設定したことで
やる気がでたし、少しずつでもお金が貯まっていくのは嬉しかった。
“やればできる”
そう感じられたことが一番の喜びかもしれない。

HOME