家計簿H12.9〜H13.8年間予定

H12.9.5作成

収入 3,640,000円
給与手取額はその月の残業代等で1〜2万くらいの変動あり。一番少ない月の収入に合わせ21万円として計算。
  月額 年額
給与(手取り) 210,000 2,520,000
賞与(手取り) 年3回 1,120,000
合計

3,640,000

貯金 1,080,000円
手元に現金があるとつい使ってしまうので強制的に給与からの天引きと通帳から引き落とす積み立て作戦を実行(※積み立てはH12.9月〜毎月末日に口座引き落とし)。
  財形貯蓄 積立
月額 40,000 25,000
賞与 100,000×3回 0
合計

1,080,000

支出 2,279,140円
年間これだけのお金が必要経費としてかかる。もう少し削ることができるものもあるが、あまりカツカツなのも大変なので少し余裕みて予算を組んでみた。
費分 合算額 費目 予算額 支出時期・備考
車両 279,200 自動車税 7,200 H13.6頃
任意保険 30,000 H13.3頃
車検 120,000 H13.4末
ガソリン代 72,000 目安/月額6,000円
その他 50,000 洗車・オイル交換・タイヤ買い替え等
交際 335,000 冠婚葬祭 200,000 内150,000は支出予定あり
交際費 45,000 お中元・お歳暮・父、母の日、母誕生日、職場の飲み会等
イベント代 90,000 クリスマス・バレンタイン・誕生日
季節モノ 360,000 帰省 150,000 盆・正月・妹の結婚式等有り
奨学金 210,000 H12.12末
美容 210,000 美容代 50,000 カット・カラーリング(年5〜6回)
化粧品代 60,000 目安/月額5,000円
被服費 100,000 目安/月額8,333円(クリーニング込)
医療 150,000 医療費 150,000 目安/月額12,000円(コンタクト代含)
固定費

384,940

駐車場 37,800 定額/月額3,150円
NHK受信料 16,140 年間引き落としに切り替えたので、若干金額は安くなる予定(H12.10末支払い予定)。
新聞 36,840 定額/月額3,070円
携帯電話 48,000 目安/月額4,000円
電気代 70,000 目安/月額5,833円
水道代 42,000 目安/月額3,500円
ガス代 66,000 目安/月額5,500円
電話代 67,200 目安/月額5,600円
共同 120,000 共同生活費 120,000

目安/月額10,000円(支出は主に食費)

仕送 240,000 仕送り 240,000 定額/月額20,000円
予備 200,000 予定外支出 200,000 どの項目にも当てはまらないものはここから支出
9費分 2,279,140 25費目    
お小遣い 280,860円(月額23,405円)
年間支出が分かったところで、じゃあ残り自由になるお金はいくらあるのか計算してみる。計算方法は手取り年収[3,640,000円]−(貯金[1,080,000円]+支出[2,279,140円])=お小遣い[280,860円]だ。月々になおすと23,405円。レジャー・娯楽・菓子代(外食代)などをこれらの中でやりくりする。

HOME  BACK