H13.9〜H14.8家計簿

HOME 年間予定表 収入・貯金 支出

年間予定表 

H13.8.25作成

収入 3,320,000円
給与手取額はその月の残業代等で1〜2万くらいの変動あり。今まで毎月支給されていた住宅手当(30,000円/月)がH13.9に入籍後は支給されないので一番少ない月の収入に合わせ18万円として計算(結果…年収、昨年より36万円減)。
  月額 年額
給与(手取り) 180,000 2,160,000
賞与(手取り) 年3回 1,160,000
合計   3,320,000
貯金 1,080,000円
半ば強制的に貯金(財形・積立)、手元になければ諦めもつくだろう…ていうか性格上、こうでもしないと貯まらないというのが本音。
  財形貯蓄 積立
月額 40,000 25,000
賞与時期 100,000×3回 0
合計

1,080,000

支出 1919,224円
年間これだけのお金が必要経費としてかかる予定。
費分 合算額 費目 予算額 備考
車両 110,200 1 自動車税 7,200 H14.6頃
2 任意保険 35,000 H14.3頃
3 ガソリン 48,000 目安/月額4,000円
4 その他 20,000 洗車・オイル交換・予備等
交際 230,000 5 冠婚葬祭 150,000 内50,000はすでに支出予定あり。
6 交際費 20,000 お中元・お歳暮・父、母の日、母誕生日、職場の飲み会等
7 イベント代 60,000 クリスマス・バレンタイン・誕生日
交通 120,000 8 交通 120,000 帰省他
奨学金 213,000 9 奨学金 213,000 石川県育英会・日本育英会 H13.12頃
美容 192,000 10 美容院 42,000 2ヶ月に1回カット・カラーリング
11 化粧品代 50,000 ビタミン剤等も(美容関係)ここから捻出
12 被服費 100,000 クリーニング代・靴・バッグ等含む
医療 140,000 13 接骨院 50,000 週1〜2回通院
14 コンタクト代 70,000 使い捨てコンタクトレンズ使用
15 医療費 10,000  
16 市販薬代 10,000  
固定費 334,024 17 駐車場 37,800 月額3,150円
18 NHK 16,140 H13.12頃年間引き落とし
19 新聞 36,084 月額3,007円
20 電気代 62,000 目安/月額5,166円
21 ガス代 70,000 目安/月額5,833円
22 水道代 42,000 目安/月額3,500円
23 電話代 70,000 目安/月額5,833円
食費 120,000 24 食費 120,000 目安/月額10,000円
仕送 240,000 25 仕送り 240,000 月額20,000円
積立 120,000 26 積立 120,000 月10,000円ずつ積み立て車検(H15.5)等に備える(貯金の積立とは別、これはいずれ使うための積立)
予備費 100,000 27 予備費 100,000 記に当てはまらない項目はここから捻出
10費分 1919,224 27費目 ←左記の予算合計金額は昨年と比べると359,916円減
お小遣い 320,776円(月額26,000円)
年間支出が分かったところで、じゃあ残り自由になるお金はいくらあるのか計算してみる。計算方法は手取り年収[3,320,000円]−(貯金[1,080,000円]+支出[1919,224円])=お小遣い[360,776円]だ。月々になおすと26731円、中途半端なので月26,000円を自由に使えるお小遣いとする。
補足
私はH13.12.5現在、賃貸アパートに夫と二人暮しです。基本的に家賃は夫、光熱水費(固定費と明記してあるもの)は私、二人の食費(消耗品含む)は毎月、夫が15,000円、私が10,000円と負担しています。二人とも働いているので、私のお金は私のもの夫のお金は夫のもの…という感じでしょうか。したがって上記の年間予定表は私個人のものと申し上げておきます。