私の節約術9

冷凍食品の空き容器活用

方法

冷凍食品が入っていた空き容器を弁当箱の仕切り&器として使用。写真の場合、冷凍食品“白身魚のフライ”が入っていた容器を使ってきんぴらとセリの和え物を入れました。
▲TOP
時間を計るときはこれで

方法

トースターのコンセントを抜いてもタイマーは動くというのがみそ。お風呂のお湯を溜める時、調理時間を計る時など活用しています。
▲TOP
水道水を美味しく飲む方法

方法

水道水を汲んで一晩置いておく。この際、ふたなどはしない(塩素を蒸発させるため)←実際に水道の蛇口から直接入れた水と飲み比べてみたところ汲み置きしておいた水道水はカルキ臭さが明らかに抜けていて蛇口から直接の水に比べると飲みやすくなっていました。
この他、水に炭を入れる・レモン汁をたらす・ソーダ水をたらす・10〜15度に冷やす・一度沸騰させてる…等々
▲TOP
肉の冷凍(豚こま編)

方法

発泡スチロールのまま冷凍するのではなく肉を数等分に分けてラップします。この時のポイントは厚みがあると解凍するのに時間がかかるのでなるべく平たくしておくことです。これは肉の冷凍以外に例えば余ったご飯などにも応用できます。
▲TOP
手を汚さずにフライを作る

方法

ビニール袋に肉を入れて小麦粉を適量袋の中に入れて満遍なくまぶして次は溶いた卵を中に、そして最後にパン粉を入れると皿もいりませんし、何より入れる量の調整がきくので無駄がなくなります。カツを作る時だけでなくから揚げ等を作る時もビニール袋を利用しています。左写真はハンバーグを作っている時の様子。
▲TOP
ガスコンロのアルミマット

方法

いつも買っていたんですよ、アルミマット。汚れが目立ってきたので新しいものに交換しようとしたら…予備が1枚しかなくて。コンロは2つあるのに困ったなぁ…と思って「とりあえず、アルミ箔で応急処置」と思って真中に穴をあけてかぶせてみたのが写真のもの。パッと見、売っているものとそんなに変わらないですよね。どうせ汚れたら捨ててしまうものなのでこれからもアルミ箔をマット代わりにしていくつもりです。お手軽だしね!
 
スパゲティー1人分の量 投稿

方法

先日「どのくらいの量が一人分かわからず倍の量の麺を茹でてしまった」と日記に書いたところ御二方より「こうしたらいいよ」とアドバイスをいただきましたので抜粋してご紹介させていただきます。
(もえっち様)
スパゲッティの一人分は だいたい100g。
親指と人差し指で作った輪がだいたい100gと習いました。
(だいぶっちゃん様)
スパゲティーの一人前はペットボトルがあれば簡単に計れます。
2リットルの空きペットボトルをスパゲティーの保存に使い、一人前=ボトルの口いっぱい通る分量。こうすればスパゲティーの袋の口を輪ゴムでしばることもなく、簡単に保存できますよ。茹で時間をボトルに油性マジックで書くことをお忘れなく。
 
0円掃除用スポンジ

方法

早速茶碗を洗ってみました。空気を含んで泡立ちもなかなか良いようです。風呂掃除用としても洗面掃除用としても使えますよ。
 
ヘアピン便利な使い方

方法

  歯磨き粉などチューブに入っているものは最後の方になると出しづらくてクルクル丸めて搾り出したりしませんか?ヘアピンを写真のようにつけて徐々に使った分だけ位置をずらしていくと最後までキレイに使えますよ。