私の節約術4

食器洗い

方法

油モノとそうでないモノは分けて洗いましょう。洗い桶の中に一緒に入れてしまうと全部の食器が油でギトギトになってしまうので洗剤も水も時間もかかることになります。

▲TOP

使わなくなった化粧水で簡単パック

方法

女性の方であれば衝動買いをしたり、メーカーを替えたために使わなくなった化粧水の1本や2本あるのではないかと思います。残っていれば捨てるのは惜しいし、つい引き出しの奥にしまいこんでしまいがち。そんな時、100円ショップや化粧雑貨売り場で販売しているフェイスマスクを使ってパックしてみませんか。まずはフェイスマスクに水を含ませ軽く搾り、化粧水のキャップの中に入れます。そこに化粧水を入れるとフェイスマスクの隅々まで化粧水が行き渡ります。後は顔に載せるだけです。テレビで化粧水をパッティングした肌と化粧水パックをした肌では後者の方が10倍肌に水分を含んでいるとありました。もう使っていない化粧水であれば気兼ねなく量を気にせずに使えます。

▲TOP

10円玉で靴の臭いとり

方法

朝の番組の中で紹介されていてなるほどなと思ったので紹介させていただきます。

方法は10円玉を2〜3枚靴の中に入れておくだけ…簡単でしょ?銅貨には臭いをとる効果(硬貨…笑)があるそうです。私の場合、硬貨のまま入れておくと忘れて足を突っ込んじゃいそうなので伝線して履けなくなったストッキングの中に硬貨を入れて試してみようと思います。ブーツも臭いがこもるといいますからものは試しにやってみるといいかもしれません。

      実践中です(笑)

 ▲TOP

湯船のお湯をきれいにする

方法

家族みんなでお風呂に入っていると湯船の中に髪の毛・垢等浮いている場合がありますよね。次に入る人が気持ちよく使えるように表面のお湯をすくって捨てるのも一つの方法ですが、新聞紙を一枚湯船に浮かべるとこれらのゴミが新聞紙の表面にくっつきます。

▲TOP

分別ゴミボックス

方法

わざわざ購入するのも何だかな〜と思い、我が家では丁度いい大きさの3段式コンテナボックス(って言うのかな?)があったのでそれを利用しています。上からビニールゴミ・不燃ゴミ・缶、それぞれ出す週と曜日を貼り付けています。

▲TOP

ティッシュの整理法

方法

街頭で配っているティッシュ、ついついもらっちゃうけど家に帰ってからあちこちにおいていませんか。出かけるときにすぐに持っていけるように空き箱(ティッシュの空き箱とか)に入れてまとめておくと便利ですよ。

 ▲TOP

油の汚れは油で落とす

方法

レンジ回りの油汚れって時間が経つとこびりついちゃってなかなか落ちにくいですよね。たわしでこすったりしたらキズになっちゃうし…。そんな時は食用油をペーパータオルにつけて汚れている箇所を拭いてみてください。油分が油分に溶けるので力を入れてこすらなくとも綺麗に落ちます。レンジの横壁のステンレスがピカピカになりました♪

ファンデーション(油)を落とす時、クレンジング(油)で落とすでしょ、そんなことからふと思いついた方法です、久々のヒットかも(*^_^*)Vちなみに私は油は古い油を使いました、理由…新しいのはもったいないから(エヘッ)。

▲TOP

ティッシュボックスカバー

方法

お弁当をつつむような大判ハンカチを活用して作りました。ハンカチの上にティッシュボックスを置いて両端を結ぶだけ。これだと飽きたら違うのにすぐ変えることもできます。バンダナや室内の小物と同色の布を使っても素敵です。

▲TOP

バブルバスアロマを芳香剤として使う

方法

本来浴槽の中に入れて泡々感を楽しむバブルバスアロマ、最近まろ茶のおまけ品としてついてくる(井川遥のまろやかバブルバスアロマ)のが4つほど溜まってしまいました。今時期はもっぱらシャワー派の私はちょっとこのおまけ品をもてあましていました。でもね、これグリーンアップル・ストロベリー・カモミールなどいろんな香りがあって使わずにとっておくのは勿体無いんですよ。そこで伝線したストッキングの袋状になる足先部分を切り取ってバブルバスアロマを詰め込み、車の芳香剤として使うことにしました。同乗者からは目の届かないところにおいていますが、ほのかな香りがとってもいい感じです。

▲TOP

口紅の再利用

方法

情報提供者:しあわせこぶたさん(掲示板から抜粋)

口紅の再利用ですが、友人に聞いてみたところ、指で伸ばして、チーク代わりに使うといいらしいです。これを試したところ、けっこういい感じでした。濃すぎたら、パフで抑えるとOKみたいです。

リキッドファンデーションで口紅を混ぜてチーク代わりに頬に載せてみたところなかなかいい感じに仕上がりました。

kazu談