私の節約術5

ハンカチアイロンいらずその2

方法

情報提供者:ももさん(掲示板から抜粋)

洗濯ものをたたむ時に、一番最初に、ハンカチをたたむ。
たたんだハンカチを片方のひざの下に敷く。全部の洗濯物をたたみ終えるまで、ひざの下におく。自分の体重が、しっかりハンカチにかかるので、しわが、ばっちり、とれます。
特に、ホットカーペットをしているときなど、ホットカーペットのところでやると、効果絶大ですよ。ためしに、やってみてください。 

↑お義母様から教わった知恵だそうです。ちょっとした工夫で時間も節約できていいですよね。ありがとう、ももさん。

kazu談

▲TOP

アクセサリーかけ
普段よく使う指輪・ネックレスをかけておく小物が欲しくて手持ちの品を組み合わせて作りました。出かけるときに慌てなくてすむから良いですよ。
材料
コルクボード・押しピン・布・造花・フローラルテープ・木工ボンド・ガムテープ
方法 →完成

▲TOP

介護保険でお得>>>住宅改修
対象 介護保険で要支援〜要介護1〜5の認定を受けている方
要旨 H12.4〜始まった介護保険、認定は受けても「まだまだ元気だからサービスを利用するほどではないし」ということで利用していない方もいらっしゃいます。しかし、ヘルパーさんに来てもらったり、日中高齢者の方が出向く通所介護だけがサービスではありません。認定を受けている方には上限20万円の住宅改修費の補助がでます(詳細はお近くの市町村の介護保険課に確認してください)。手すり取り付け・段差解消・和式便器→洋式便器への取替え等がこれにあたります。

▲TOP

介護保険でお得>>>福祉用具の購入
対象 介護保険で要支援〜要介護1〜5の認定を受けている方
要旨 入浴関係・排泄関係のものについては介護保険ではレンタルではなく購入対象物として定めています。4/1を始まりとして年間10万円の補助金が一人あたりにつき出ます。シャワーチェアや室内における簡易トイレなどがこれにあたります。介護保険では1割自己負担が原則ですので10,000円の品については最終的には1,000円で購入することができます。

▲TOP

三角コーナーの水切袋をこんなもので
方法 その1…用意するもの“伝線したストッキング”

ストッキングの腰部分を用意して足の部分を結びます。これを三角コーナーに取り付けて完了。

足の部分も適当な大きさに切って片方を結べば排水溝用のネットに早代わりします。但し、何日も放置しておくと目詰まりしてしまうので使用する場合は1〜2日置きに交換することをオススメします。

その2…用意するもの“新聞紙”

新聞紙を1枚用意し下記の要領で袋を作ります。頭の三角部分は最後折りたたんでください。袋を広げて三角コーナーに取り付けて完了です。

紙が濡れてしまうと破れるかと思いきや意外なほど丈夫、ネット等だと細かいゴミは排水溝に流れてしまいますがこの方法だと水分だけ流れていくのでとってもオススメです。

▲TOP

手作り化粧水“卵の薄皮化粧水”
方法 情報提供者:さきさん(掲示板から抜粋)

なんでも卵の薄皮には高級保湿化粧水に必ず入っている「ヒアルロン酸」という保湿物質が含まれているそうです。割った卵をよく洗い、1日くらい水につけておくと薄皮がはがれやすくなるので、きれいにはがし、ザルで干します。乾いた卵の薄皮10個分と細く切った昆布3gを200CCの焼酎(35度)に浸して一週間。成分が抽出されたらOKです。原液50t+精製水40t+グリセリン20cc+クエン酸5粒ほどをよく混ぜできあがり。アルコールが苦手なひとは湯煎するといいそうです。この化粧水にしてからしっとり、いい感じになりましたよ。
みなさんお試しを〜

身近な品で綺麗になれるなんてホントお得ですよね。まずは卵の殻10個用意とφ(..)メモメモ。是非私もやってみたいです!

kazu談

▲TOP

節水>>>歯みがき
方法 歯をみがく時に30秒間流しっぱなしにすると約6リットルの水を使います。これをコップにくんでみがくと約3杯(約0.6リットル)程度の水ですみ、約5リットルの節水になります。 
節約金額...朝と晩に歯をみがいた場合で約220円/月

参考サイト…東京都水道局ホームページ

夫はいつもコップを使っていたのに私は流しっぱなし…(^_^;)。今日から夫のコップを使わせてもらおう。

▲TOP

節水>>>お風呂の残り湯活用
方法 残り湯は、使用状態によって異なりますが、一般家庭では、約180リットルの量があります。この半分を洗濯、掃除、散水などに利用すれば約90リットルの節水になります。 
節約金額...毎日行った場合で約650円/月 

※参考サイト…東京都水道局ホームページ

我が家では最近8Lサイズのバケツを100円ショップで購入しました。洗濯機が脱衣所兼洗面所にあるのでせっせと残り湯を運んでいます。洗濯機一杯になるのに大体10往復くらいするかな。この他休日は残り湯をバケツに汲んで床拭きに使っています。学生の頃は下着や靴下はお風呂に入ったときに一緒に洗っていましたっけ。バケツ1つあると残り湯の活用に幅がでます。

▲TOP

ガス代の節約>>>食器洗い
方法 毎年冬になると湯で食器を洗ってしまう。これがガス代の跳ね上がる原因と分かっているのに水の冷たさに負けてしまう私。この現状を打破するべく買いました肘まであるゴム手袋。これをはめれば水の冷たさも思ったより苦になりません。

▲TOP

クイックルワイパーで床を水拭き
方法 床掃除は四つんばいになって水でしぼった雑巾でゴシゴシやった方が綺麗になるとは思うけれど、毎日は大変です。雑巾をクイックルワイパーに掃除用の紙(?)同様取り付ければあっという間に水拭きクイックルワイパーの出来上がり。「よし、やるぞ!」ではなく「ちゃちゃっとやってみようか」という人向けです。
追記…我が家では使い古したバスタオルをハンドタオル大に切って台拭き・雑巾として使っています。